2017/06/22

秦基博です

今からもう10年近く前の話になります。
わたしがまだ20代前半の頃。
まだお肌の悩みなんて何にもなかった?、若きあの頃。
新卒で入った会社を1年で辞め(←色々あったとです…長くなるので省略)、実家の新潟にいた頃です。

近く、と言っても実家から1時間くらいかかるところですが、そこで「音楽と髭」というフェスがありました。
出演者はミスチル、エレカシ、奥田民雄、山崎まさよしなど、錚々たるメンバー。
次の仕事を見つけるべく悶々としていた当時のわたしは、もうこれはいくしかないでしょ!と、張り切って申し込みました。この人たちを近場(新潟)で見れるのも大きかったですし。
(ただ実の話、フェス当日、途中ですんごい雷雨になり→まさかの中止→ガーン、エレカシもミスチルも見れなかったとです…でも、まさかまさかの全額返金でした!)

と、前置きが長くなりましたが、
そこで出会ったのです。
秦さんと。
まだきっとデビューして間もない頃でしょうか、今ほど知名度もなかったと思います。
だからでしょうか?曲と曲の間のMC?には、とにかく自分の名前を連呼していました。
「秦基博といいます、秦基博、秦基博です、覚えてください、よろしくお願いします。」
みたいな感じで。

何を歌ったかはもう忘れてしまったけど、その歌声がとてもきれいだったことと、秦基博という彼の名前は、その時にしっかり覚えました。




秦さん、デビュー10周年だそうです。

結婚式のときにこの歌が出てたらな~使いたかったなあ~
と、もう2度と挙げることがないであろう結婚式のことを、
未だに考えるわたしなのでした。

natsukinoki